ケータイ辞書JLogosロゴ 樫山村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。額田郡のうち。はじめ幕府領,寛永10年旗本戸田氏知行,元禄元年からは大垣新田藩領。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに402石,延宝年間までに田61石余,畑208石余が開発され,「天保郷帳」672石余,「旧高旧領」693石余。小物成として山年貢3石,川運上銀15匁,鉄炮6挺運上銀7匁8分(勘定目録)。藤川宿の助郷村。明治7年の戸数137・人数565(額田郡誌)。社寺は,永正11年再建の天王宮,男川右岸に元禄14年再建された神明社,長禄3年創立の浄土真宗高田派浄泉寺,大永2年創立の臨済宗定林寺,天正7年創立の臨済宗意得院。凶作年がしばしばあり,餓死者が多く,延宝年間の無縁者塔,天保年間の供養塔がある。また,文政8年には凶作減免願いに対して村役人の対応のまずさから樫山騒動に発展し,14人が渥美【あつみ】郡畠村の戸田氏の陣屋へ引き連れられ,うち10人は宥免,4人が追放,庄屋は百日手錠御役御免となった。幕末には夏山川に月秋用水,男川に原用水を引き10町余が水田となる。神明宮の西に郷蔵があって毎夜2人が夜番に出たといわれ,現在なお樫山夜番組が続けられる。明治7年定林寺に育才学校開設,同9年樫山学校と改称。同年樫山郵便局開局。明治10年代から水車利用のガラ紡が始まる。同22年豊岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355873
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ