ケータイ辞書JLogosロゴ 片草村(近世)


愛知県>瀬戸市

 江戸期〜明治22年の村名。春日井郡のうち。尾張藩領。水野代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに81石余,「旧高旧領」110石余。「寛文覚書」によれば,概高108石余,反別は,田6町余・畑1町余,松山77町,井瀬木1か所,家数12・人数70,馬6。「徇行記」によれば,片草善之右衛門給知,家数18・人数90,馬3,農間期には薪を取って名古屋へ売り出した。村内の三国山は尾張・美濃・三河の国境にあったため,柿野村(現岐阜県土岐【とき】市)との間で山境争論があったり,上品野村の祥雲寺と柿野村の荘厳寺との間で壇役紛議などがあったという(鶴里町誌)。神社は,八幡社・山神社,ほかに薬師堂・庚申堂などがあり,八幡社には寛延2年の石段,享保9年の灯籠,嘉永6年の手洗石などがあり,同社に続く山には古城跡が残る。明治13年東春日井郡に所属。同15年の戸数32・人口165,職人(大工・木挽・屋根葺)7,人夫43,米68石余・麦16石余(片草村戸口調綴)。同22年上品野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355914
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ