ケータイ辞書JLogosロゴ 蟹江本町村(近世)


愛知県>蟹江町

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国海東郡のうち。尾張藩領。佐屋代官所支配。村高は,「寛文郷帳」1,281石余,「天保郷帳」1,291石余,「旧高旧領」2,011石余。「寛文覚書」によれば,本田概高1,697石余,ほかに新田があり,家数355・人数1,587,馬51,猟船62艘を有し,御上洛・朝鮮通信使通行・御茶壺通行の時には万場船渡へ浦水主ともに舟役に出るとある。「徇行記」によれば,本田・新田高1,976石余,うち1,166石余は山澄淡路守ら2人の給知,家数724・人数2,920。真言宗安楽寺,浄土宗西山派法応寺,真宗大谷派西光寺・盛泉寺,蟹江神明社がある。明治22年蟹江町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356003
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ