ケータイ辞書JLogosロゴ 加納郷(中世)


愛知県>一宮市

戦国期に見える郷名尾張国丹羽郡のうち「信雄分限帳」に「かのうノ郷」「かなうの郷」と見え,大原豊蔵の知行地600貫文があったが,彼には伊勢国朝明郡羽津郷に替地を与え,当郷は生駒吉三郎の知行地となっているなお,永禄8年から天正元年頃と推定される12月29日木下秀吉書状・同秀長書状に「加納」と見え,織田氏直轄地で,代官生駒八右衛門家長が年貢1貫文を納入することになっていた(生駒家文書/県史料叢刊)近世には加納馬場村となった
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356014
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ