ケータイ辞書JLogosロゴ 加納馬場(近代)


愛知県>一宮市

 明治22年〜昭和30年の大字名。はじめ幼村,明治39年からは千秋村の大字。農業が主体であるが,商工業者も次第に多くなり特に木綿織物が盛ん。岡木綿製造の千秋綿布合資会社・金巾代用の長谷川織工場が紹介されている(丹羽郡案内)。昭和7年尾北綿布工業組合設立。同10年の世帯数160・人口1,075。同29年一宮〜小牧間に乗合バスが運行し,当地に停留所を設置。同30年4月一宮市千秋町加納馬場となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356016
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ