ケータイ辞書JLogosロゴ 甲新田村(近世)


愛知県>祖父江町

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。森上甲新田村・甲新田森上村とも称した。「寛文覚書」には森上新田村の項に「当村ハ,甲新田と諸事入合に御役仕」とあるが,「地名考」では森上甲新田村,天保12年の村絵図では甲新田森上村として両村をまとめている。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「天保郷帳」947石余,「旧高旧領」では甲新田として1,150石余。天保12年の村絵図によれば,慶長20年から寛永19年まで検地が4回行われたという。本田の概高1,048石余,ほかに慶安元年・明暦2年・寛文2年・寛延4年開発の新田概高102石余,一部新田は蔵入地,ほかは志水小八郎給知,反別は田23町余・畑70町余,家数309・人数1,393,馬11。森上井筋井組・領内川井組に所属。天保15年の織屋21(結城縞33桁・桟留縞31桁)・藍葉仲買商3・紺屋9・酒造人1(酒造米35石)。社寺は,鎮守神明社,ほかに天王宮・日天宮・西宮神・真宗大谷派蓮芳寺。明治11年一部が本甲村となる。同年甲山新田村と山崎村の一部を合併。同22年丸甲村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356031
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ