ケータイ辞書JLogosロゴ 鎌田村(中世)


愛知県>一宮市

鎌倉期に見える村名尾張国中島郡のうち弘安5年7月日の尾張国千代氏荘坪付注進状案に「中島郡北条河崎郷鎌田村十二丁一反小」と見える(醍醐寺文書/一宮市史資料編6)なお,貞和6年3月15日の毛受遠能寄進状案写には,「尾張国中島郡北条毛受村内畠地事 合壱町者 在所鎌田」とあり,報恩寺(妙興寺)に寄進されている(妙興寺文書/同前資料編5)文和2年10月妙興寺領坪付注文によれば,「中島正介寄進分……一所伍段 鎌田」とあり,応安2年の公役納法下地等注文には,「一,国衙方……一所五反〈鎌田 私領 国領〉」と見える(同前)永和3年の妙興寺領年貢注文には,「六反……三貫六百文 鎌田〈私領・国領〉」と記されている(同前)嘉慶2年8月13日の妙興寺領坪付注文に「一,毛受将監入道寄進分……一所伍反 同(毛受)村内〈鎌田〉」とあり,文安元年8月25日の妙興寺領坪付注文には,「□(一カ)中島正介寄進分 □(一カ)所伍段 鎌田」「一,毛受将監入道寄進分 一所伍段 同(毛受)村内〈鎌田〉」とあって,中島長利寄進分と,毛受村内の毛受遠能寄進分がともに鎌田と称されている(同前)これらは別の地域をさすものと考えられる近世,妙興寺村鎌田・宮地花池村鎌田・北高井村鎌田があり,いずれに比定されるか未詳
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356048
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ