ケータイ辞書JLogosロゴ 上佐脇村(近世)


愛知県>御津町

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。元和9年新城【しんしろ】藩領,天和2年志摩鳥羽藩領(享保10年までか),寛保2年大岡越前守(寛延元年からは西大平藩主)領,天明2年遠江相良藩領,享和3年からは陸奥磐城平藩領(宝飯郡誌)。村高は,慶長9年検地帳,「寛永高附」ともに793石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに841石余。慶長9年検地帳では,名請人110人,うち屋敷持59人,田45町余・553石余,畑21町余・240石余(うち屋敷1町余・24石余)。貞享5年の村差出帳では戸数98・人数537。東海道御油宿の助郷村。水利の便が悪い旱損地帯で,1.6km離れた他領内の音羽川から取水灌漑したので,元禄年間以降しばしば水論が生じた。氏神に日吉山王宮(現佐脇神社)があり,天文4年今川義元の三河十七騎の1人である岩瀬雅楽介(吉十郎)の勧請という。また山口作ノ右衛門の勧請とも伝える。寺院には曹洞宗常光寺・竜泉庵・観音寺のほか薬師堂と十王堂がある。竜泉庵は,岩瀬家の菩提所であったが,本家が神道に改宗のため明治16年頃に廃寺となる。明治17年の戸数114・人口518。同22年佐脇村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356102
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ