ケータイ辞書JLogosロゴ 上品野村(近世)


愛知県>瀬戸市

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国春日井郡のうち。尾張藩領。水野代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに401石余,「旧高旧領」488石余。「寛文覚書」によれば,概高473石余,反別は,田24町余・畑6町余,もや山・柴山240町,井瀬木3か所,雨池1か所,吉利支丹制札があり,家数30・人数231,馬13。「徇行記」によれば,一円給知で津金利兵衛ら給人7,家数64・人数366,馬9,信州岩村街道に沿い人馬の継場で馬持ちは駄賃稼ぎをするものもあった。また,美濃国曽木村・水上村・細野村・猿爪【ましづめ】村・大川村などから白炭・鍛冶屋炭が運ばれ,隣郷印場村・大森村あたりから買いにきて名古屋に送られた。城跡に科野城跡・桑下城跡,科野城は土塁・曲輪・堀切跡が残り,永禄元年織田勢と城主松平家重との間に合戦があったことを伝える。神社は稲荷神社,稲荷明神・秋葉権現・大物主神・保食神・山神・氏神などを合祀。寺院は,曹洞宗祥雲寺・天台宗菩提寺,ほかに庚申堂があった。明治13年東春日井郡に所属。同22年上品野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356113
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ