ケータイ辞書JLogosロゴ 亀穴村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。天和元年宮崎村から分村して成立。ただし,「元禄郷帳」には当村名が見えず,宮崎村のうちに含まれている。「天保郷帳」では「古は宮崎村之内」と注記されている。天和元年志摩鳥羽藩領,享保10年幕府領,天明5年からは幕府と岡崎藩の相給。岡崎藩では東山中手永に属す。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに86石余。文化14年東山中明細記によれば,岡崎藩領分は71俵余の年貢を納め,秣山4,百姓山3,酒造株2,牛頭天王・天白明神・不動・弥勒(林瑞寺守)などがあり,家数17・人数107。天保8年村差出明細帳によれば,幕府領は,田畑1町余,秣場雑木林役永が課され,鉄炮4,御林2,家数7・人数22。天明4年に藤川宿の助郷を勤める。明治7年の戸数38・人口118(額田郡誌)。寺院は天台宗林瑞寺。三河山間地と赤坂,御馬湊などを結ぶ道の中継地で,木炭・白木・茶などを仲継ぎする問屋や,酒屋・穀屋・旅籠・雑貨屋などのある町場を形成。元禄年間には,近在の旗本陣屋に多額の御用金を貸し付ける豪商も出現。文政12年明見村と山論が起きた。学校は明治8年から亀穴学校があった。明治7年の商家13。同22年宮崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356240
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ