ケータイ辞書JLogosロゴ 亀山村(近世)


愛知県>渥美町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国渥美郡のうち。はじめ幕府領,元和元年旗本間宮氏知行,元和5年旗本戸田氏知行,元禄元年からは戸田氏が大名となって大垣新田藩領となる。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに29石,「天保郷帳」313石余,「旧高旧領」322石余。家数・人数は,天和2年39・224,正徳元年75・394,天保13年89・379。明治元年の村々家数人別取調帳によると,家数85・人数420,男のうち陣屋中間奉公4・領主屋敷夫役奉公および官軍出陣先操出人足21・海岸御手当ニ付他所出御差留15。農間余業は松葉・柴薪木伐り,女子の木綿機職など。正徳元年の村差出御帳では馬42,店1,商人2人は「茶売耕作致両かせき」とあり,天明7年の指出御帳では馬55・牛2。「三河国名所図絵」に「蓮根 同村に産す味当国に冠たり」とある。豊島神社がある。曹洞宗亀鶴院は,天文12年に堀切村の常光寺の隠居寺として創建された。明治17年の各業統計表に戸数89,農業本業75,ほかに鍛冶職兼業2・大工職兼業1・小売商兼業10・僧侶1。同22年福江村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356256
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ