ケータイ辞書JLogosロゴ 川井村(近世)


愛知県>岩倉市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。尾張藩領。小牧代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに760石余,「旧高旧領」923石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高899石余・反別68町余(田34町余・畑34町余),ほかに新田1町余・見取新田3町余があり,家数105・人数505,馬30。清洲宿の加助郷に指定され,人足41・馬4が割り当てられていた(岩倉町史)。道のりは清洲へ2里。「徇行記」によれば,家数131・人数525,馬3,桜井内記はじめ18人の給地高811石余,本田蔵入地高87石余,水旱に苦しむとある。「尾張志」によれば,曹洞宗大昌寺(大正寺・大聖寺)は慶長5年創建,浄土真宗本願寺派光禅寺は明応7年創建という。神社は白山宮・浅間神社・天神宮。明治9年当村は野寄村・大山寺村とともに大聖寺境内に大野川学校を設立。同22年豊秋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356327
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ