ケータイ辞書JLogosロゴ 川手村(近世)


愛知県>稲武町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ加茂郡,江戸前期からは設楽【したら】郡のうち。はじめ幕府領,宝永5年相模小田原藩領,享保元年幕府領,明治2年からは重原藩領。村高は,天正18年の検地で76石余,「寛永高附」でも76石余,その後の検地で寛永18年に13石余,寛文5年に1石余,元禄元年に1石余が加わり,合計92石余となり,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに92石余。文政3年の家数41・人数234,明治元年の家数43・人数239。寺は大慈院がある。氏神は八幡神社。明治6年,江戸期より争われていた御所貝津村との山論が解決している。明治5年澄済学校が開校,同9年に川手学校と改称,同20年押山学校に合併。明治11年北設楽郡に所属。同22年武節村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356375
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ