ケータイ辞書JLogosロゴ 川手(近代)


愛知県>稲武町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ武節村,昭和15年からは稲武【いなぶ】町の大字。米作を主とする農業が中心。明治期には綿が栽培されたこともあった。また,養蚕は特に盛んで,大正期には製糸工場があった。大正13年真弓発電所竣工。また,昭和45年矢作ダムが竣工,シシナド地区では多くの耕地が水没あるいは危険区域として買い上げられた。同57年押川小学校は稲武小学校へ統合,廃校となった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356376
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ