ケータイ辞書JLogosロゴ 木下村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。はじめ岡崎藩領,正保2年幕府と岡崎藩の相給,天和元年志摩鳥羽藩と岡崎藩の相給,享保10年岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは幕府と岡崎藩の相給。岡崎藩では東山中手永に属す。村高は,「寛永高附」124石余,「元禄郷帳」149石余,「天保郷帳」156石余,「旧高旧領」153石余。慶安2年の岡崎藩年貢免状には本郷分免率6割5分,松立分4割5分,亥改出し分5割,茶年貢2石余。また宝永7年の幕府領の免状には,免率田畑とも3割6分とある。2町4反の御林山があり,大宝山入会高3石余を平針松平氏に上納する。明和7年村差出帳では,家軒27・人数121,馬1・牛3,郷蔵1,井堰5,山役永120文。文化14年の家数21・人数104(東山中明細記)。寺社は,延宝元年に高2石余の黒印除地とされた浄土宗東向寺,山王社を合祀する神明宮,秋葉堂・山神・阿弥陀堂・観音堂・愛宕山地蔵石仏・薬師石仏など。明和7年村差出帳によれば,「寒所故,おく稲は作らず中稲を作る。猪鹿猿の被害が多く,毎年山焼きをする。また里遠く薪炭など駄賃まけする」とある。明治7年東向寺に桜形学校分教場を創立,同9年千万町【ぜまんじよう】村幸福寺へ移転。同22年巴山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356446
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ