ケータイ辞書JLogosロゴ 北島村(近世)


愛知県>稲沢市

 江戸期〜明治22年の村名。中島郡のうち。尾張藩領。清洲代官所支配。東西10町70間・南北10町2間。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに1,495石余,「旧高旧領」2,109石余。「寛文覚書」によれば,本田の概高2,109石余,田77町余・畑42町余,家数83・人数632,馬21。「徇行記」によれば,蔵入地566石余,給知1,542石余で生駒因幡ら給人23,家数178・人数735,馬3,八神街道筋にあり,枝郷は市場・赤宝田。寺院は,曹洞宗陽春院・浄土宗定福寺・真宗大谷派青宮寺。青宮寺の木造聖徳太子立像は県文化財。神社は土宮大明神・白山権現・弁才天・河原神明・北野天神・天神。明治11年北島学校設立。同22年市制町村制施行による北島村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356520
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ