ケータイ辞書JLogosロゴ 北島村(近世)


愛知県>岩倉市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。尾張藩領。小牧代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに934石余,「旧高旧領」1,071石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高1,059石余・反別77町余(田55町余・畑21町余),ほかに給人自分起新田3町余があり,家数85・人数424,馬26,枝郷に長右衛門新田があり,その家数2・人数11,馬1。清洲宿の加助郷に指定され,人足48・馬5が割り当てられていた(岩倉町史)。道のりは清洲へ1里半。元和6年には成瀬隼人正同心大河内浅三右門ら4人の給人がおり,給知の合計高は253石余(岩倉市史)。当村はやがて成瀬隼人正の給知となり,「徇行記」は,家数137・人数539,馬5,成瀬隼人正采地と記し,その開発による元禄9年縄入・高請の新田として高12石余・畑反別1町余を載せる。また村の様子として商売を営む富農がいると記している。なお当村はやがて蔵入地となったらしい。曹洞宗向陽寺は,「尾張志」が文禄元年,「徇行記」が元和年間の開創とする。神社は白髭大神明社・牛頭天王社がある。明治11年北島学校を設立。同22年島野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356525
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ