ケータイ辞書JLogosロゴ 切山村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田郡のうち。はじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領。岡崎藩では東山中手永に属す。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに58石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに124石余。明和7年の反別は田5町余・畑2町余,新田2町余・新畑9反余,宝永年間までに大法などの地に33石余の新田畑が開発された(村差出明細帳)。御柴林1か所は上毛呂村・下毛呂村との入会。秣場山1か所が上毛呂村との入会で,山年貢を納める。明和7年の家数27・人数118,馬4(万書上帳)。文化14年の家数31・人数135(東山中明細記),明治7年の戸数32・人数130(額田郡誌)。寺社は曹洞宗法林庵,三社権現(熊野神社)・十二社権現(皇太神宮)・山神2・地神・荒神塚・薬師堂・地蔵堂。明和7年の万書上帳によれば,農間稼ぎは男は山桛,女は秣・薪作り,井堰13,郷蔵1,猟師鉄炮4,米の津出しは鷲塚湊。字うつぎに嘉永2年岡崎藩主により建立された孝子甚右衛門の碑がある。上毛呂村より字うつぎに入り,鉢巻山西裾の山中を通って下切に出る道根往還があり,設楽【したら】から岡崎へ出る近道。明治22年形埜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356627
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ