ケータイ辞書JLogosロゴ 黒田村(近世)


愛知県>稲武町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ三河国加茂郡,江戸前期からは設楽【したら】郡のうち。はじめ幕府領,宝永5年相模小田原藩領,享保元年幕府領,同11年岡崎藩領,宝暦13年幕府領,明治2年からは重原藩領。村高は,天正18年の検地で75石余,「寛永高附」でも75石余,その後の検地で寛永18年に8石余,寛文5年に4石余,元禄元年に1石余を加え,合計90石余となり,「元禄郷帳」では89石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに90石余。宝暦2年の家数55・人数224。水呑はこれまで5〜10戸であったが,天保9年には61戸中21戸と増えており,飢饉の厳しさが知られる。慶応元年の家数60・人数303。寺は曹洞宗正寿寺があり,神社は神明神社・諏訪神社・八坂神社・秋葉神社があったが,明治40年に神明神社に合祀された。明治8年小田木小学校黒田分校設置,同12年黒田学校として独立。同11年北設楽郡に所属。同22年の職業別人口は,農業146,商業16,農商兼業85,工業25(武節村地誌)。同年武節村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356805
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ