ケータイ辞書JLogosロゴ 桑子村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。碧海郡のうち。岡崎藩領。村高は,「寛永高附」227石余,「元禄郷帳」262石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに297石余。「岡崎藩万書上」では,寛政元年の人数51,馬1。「三州岡崎管内記」によれば川西手永に属し,享和年間の収納定俵225俵,上納小竹1束。地内に伊賀八幡社領と妙源寺領がある。三河木綿の生産地。文化5年池端村と,元治元年東本郷村と水論を起こす。寺社は,真宗高田派妙源寺・浄竜寺,および鎮守の桑子神社。明治6年桑子学校創立,生徒男83・女40。同15年の戸数60・人口261,耕宅地36町・山林原野7反(岡崎市史)。同22年中郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356823
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ