ケータイ辞書JLogosロゴ 桑田和村(近世)


愛知県>足助町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国加茂郡のうち。はじめ下総栗原藩領,寛永15年幕府領になったと考えられ,天和元年からは旗本本多氏知行(足助陣屋)。村高は,「寛永高附」170石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに189石余。八幡宮があり,境内に金精大明神を祀る。別に石動神社もある。寺院は真宗大谷派久遠寺があり,開基西念は明応5年没と伝える。また浄土宗中宮寺もある。明治5年桑田和学校(現萩野小学校)開設。同11年東加茂郡に所属。同22年賀茂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356827
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ