ケータイ辞書JLogosロゴ 桑原村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。慶長6年幕府領,寛永4年旗本大給【おぎゆう】松平氏知行,貞享元年同氏が大名に列せられて大給藩領となり,宝永年間頃改称して奥殿藩領,文久3年転封して信濃田野口藩領,明治元年からは改称して信濃竜岡藩領。村高は,「寛永高附」107石余,「元禄郷帳」117石余,「天保郷帳」118石余,「旧高旧領」143石余。なお,「元禄郷帳」「天保郷帳」には地内にあった竜渓院領37石余が含まれない。慶長9年の幕領検地では高97石余,反別は田4町余・畑3町余。元禄元年の竜渓院領年貢帳では高24石余・開山米新田13石余の計37石余,取米20石余。宝暦12年の同領の田2町余・畑8反余,高40石余。また,寛政10年の同領家数は塔頭2・百姓12,人数は僧6・百姓67(竜渓院文書)。元治元年田野口藩領の家数34・人数128。寺社は,曹洞宗竜渓院・真宗正観寺・桑原神社。明治15年の戸数55・人口200,耕宅地27町余・山林原野31町余(岡崎市史)。同22年奥殿村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356834
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ