ケータイ辞書JLogosロゴ 高隆寺村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。慶長6年幕府領,寛永10年岡崎藩領,正保2年幕府領,天和元年志摩鳥羽藩領,享保10年幕府領,安永7年駿河田中藩領,天明2年旗本巨勢氏知行,明治2年からは駿河静岡藩領。村高は,「寛永高附」117石余,「元禄郷帳」125石余,「天保郷帳」126石余,「旧高旧領」131石余。なお,村高のうち35石は地内の高隆寺領。慶長9年の高隆寺領を除く検地帳によれば,田70石余・畑7石余・永荒無主5石余,屋敷持10,名請人20。新切検地は,寛文6年と延宝4年に実施され,合計7石余。高隆寺領は,反別2町余,山林2,寛文6年の新切4石余,安政3年の家数15・人数71。東海道藤川宿の助郷を勤める。寺社は,天台宗高隆寺・真宗大徳寺・日吉社。明治15年の戸数42・人口192,耕宅地24町余・山林原野62町余(岡崎市史)。同22年男川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356952
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ