ケータイ辞書JLogosロゴ 小江村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国宝飯【ほい】郡のうち。東隣の不相村との土地交錯が著しく,江戸初期には不相小江村と呼ばれたこともあった。慶長6年の松平忠利宛知行目録や同17年の松平清昌宛の文書には「ふそうこい村」とあり,慶安2年の検地で不相村と小江村が明確に分離されたという。ただし,すでに「寛永高附」では府相村と小江村に分かれて記載され,また慶安2年以後も「元禄郷帳」「天保郷帳」では不相小江村と見える。慶長6年深溝【ふこうず】藩領,同17年からは旗本松平清昌(西郡松平氏)知行。村高は,「寛永高附」151石余,慶安2年検地高181石余,「元禄郷帳」では不相小江村として393石余,「天保郷帳」でも同じく526石余,「旧高旧領」では189石余。寛永3年に不相村の浦役を援助している。天保元年に不相村の塩田を所有した農民が5人存在し(塩浜掛帳),安政2年には不相村内の田畑51石余を25人が所有し,塩田所有も6人となった(名寄帳)。助郷は享保5年に東海道赤坂宿の大助郷を命じられた。浄土宗善応寺・真宗東本願寺派西眼寺・尺地社・素盞嗚社がある。明治9年不相村と土地交換を実施したが,交換分の石高は村高の4割弱に相当した。明治22年蒲郡【がまごおり】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7356964
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ