ケータイ辞書JLogosロゴ 御所貝津村(近世)


愛知県>稲武町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ三河国加茂郡,江戸前期からは設楽【したら】郡のうち。はじめ幕府領,元禄11年からは旗本一色氏知行。村高は,天正18年の検地で77石,「寛永高附」も77石余,その後の検地で寛永18年に24石余,寛文5年に7石余,元禄元年に1石余を加え,合計で110石となり,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに110石余。文政3年の家数53・人数289,明治4年の家数52・人数268。大部分は山林で,しばしば隣村との境界問題が起こり,なかでも川手村との山論は長い年月を経たのち明治6年に解決している。境界にイロハ……の順で塚が築かれており,イノジ山という地名もある。氏神は八王子権現で,のち誓約神社となる。同社境内に地芝居の舞台が残っているが,改築される以前は人形浄瑠璃の舞台であったと伝えられている。美濃街道が通る。明治9年に今泉半七が製糸を始め,御所半製糸として従業員数十名を雇うまでになったが,大正期に廃業。明治11年北設楽郡に所属。同22年武節村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357035
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ