ケータイ辞書JLogosロゴ 小田村(近世)


愛知県>足助町

江戸期〜明治初年の村名三河国加茂郡のうち矢作【やはぎ】川の支流阿摺川に注ぐ大井川の最上流域に位置する鎌倉期初頭と推定される桜ケ入古窯がある寛永12年には幕府領と見え,元禄10年旗本沼間氏知行,同14年幕府領,宝永2年からは吉田藩領村高は,「寛永高附」82石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに85石余なお,「旧高旧領」では北小田村と見える神明神社がある明治初年北小田村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357066
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ