ケータイ辞書JLogosロゴ 小信中島村(近世)


愛知県>尾西市

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。小信村と中島村が合併して成立。合併年代は不詳。なお,「寛文覚書」「尾張志」などでは両村を別個に書き上げている。また,中島村は同郡内に2か村あるため「なかじま」と濁って呼んだという。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに325石余,「旧高旧領」900石余。「寛文覚書」によれば,中島村分の本田の概高187石余,田2町余・畑12町余,ほかに概田106石余の新田,概高38石余の山方新田,概高8石余の古川新田,慶安元年縄入の新田3石余,寛文2年縄入の新田12石余,同9年縄入の新田4石余があり,家数55・人数336,馬11,小信村分は,本田の概高299石余,田7町余・畑14町余,ほかに概高194石余の新田,概高39石余の山方新田,概高3石余の古川新田があり,家数88・人数458,馬17。天保12年の村絵図によれば,一円蔵入地,小信分・中島分とされ,小信分は家数173・人数761,馬7,中島分は家数124・人数560,馬11。当村は美濃路起【おこし】宿5か村の1つで,寛永6年以来宿役を負担し,天保15年の起宿大概帳によれば,宿高325石余(尾西市史資料編1)。農間余業に人足稼や織物が行われていた。また,村内柳枯草場には木曽川の流木揚場があった。神社は,小信に神明社(堤治神社),中島に神明2社・吉田権現宮。吉田権現宮は本陣・脇本陣の避難用に設けられた披本陣の敷地内にあった。寺院は,真宗大谷派安浄寺・頓聴寺。明治6年宮新田に中島義校設立,同校は日新義校と改称して当村に移転。同8年の戸数383・人口1,709,織物生産額は結城縞5万反余,小倉帯地3,000反余,縞木綿・白木綿各350反余。また,当村で双子縞が考案されたという。明治22年市制町村制施行による小信中島村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357103
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ