ケータイ辞書JLogosロゴ 桜井寺村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。天正18年家康五か国総検による年貢免状には,田畑7町4反余で146俵余の年貢米,屋敷地1,485坪で1貫文余の年貢銭とある(桜井寺文書)。はじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領。岡崎藩では東山中手永に属す。慶安2年切越村を分村した。ただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」には同村名が見えず,当村のうちに含まれていた。村高は,「寛永高附」89石余,「元禄郷帳」では切越村を含めて95石余,「天保郷帳」では同様に129石余,「旧高旧領」80石余。御林の長さ2町,横1町半。文化14年東山中明細記では家数16・人数69。明治7年の戸数24・人口113(額田郡誌)。寺社は,真言宗桜井寺,白山神社,地蔵堂。明和元年切越村・上毛呂村・下毛呂村・切山村とともに笠井村と「おうぼ山」をめぐる山論を起こした。慶応2年100余か所の山崩れが起こる。明治10年代米搗き水車を転用した小規模なガラ紡が始まる。同22年豊岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357371
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ