ケータイ辞書JLogosロゴ 桜井寺(近代)


愛知県>額田町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ豊岡村,明治39年豊富村,昭和31年からは額田町の大字。明治45年の戸数19・人口113。昭和35年の世帯数48・人口226。水力利用のガラ紡が発達し,大正期から昭和10年代までが最盛期であった。大正13年耐火れんがの原料として珪石が採掘され,その後磁器原料や珪素鉄原料として利用された。昭和28年には41世帯のうち25世帯が珪石関係者。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357372
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ