ケータイ辞書JLogosロゴ 桜方村(近世)


愛知県>祖父江町

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに270石余,「旧高旧領」502石余。天保12年の村絵図によれば,本田の概高499石余,ほかに寛延4年・文政11年開発の新田概高3石余,蔵入地21石余,辰巳正吉ら14人の給知467石余,家数81,うち蔵入地分2・給知分79,人数330,馬2。天保15年の織屋9(桟留縞7桁)。「寛文覚書」では,起宿の助郷村で,寛文11年12頭の馬を持つ。また,大水の時は川並役を勤めたという。なお,江戸期の領内川は村の北部から地内笹原で南におれ,村の東を流れていた。牧川井筋・森上井筋の両井組に属す。寺社は,鎮守神明社,真宗大谷派永竜寺・覚法寺。明治9年領内草平新田村の一部を編入。同22年領内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357373
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ