ケータイ辞書JLogosロゴ 寺内村(近世)


愛知県>祖父江町

江戸期〜明治11年の村名尾張国中島郡のうち木曽川下流左岸部,領内川右岸に位置する天保12年の村絵図には,当村と本郷寺内村の地境ははっきりしないとある地名は,正福寺の寺跡にちなむという尾張藩領鵜多須代官所支配村高は,「寛文郷帳」140石余,「天保郷帳」142石余,「旧高旧領」489石余天保12年の村絵図によれば,本田の概高196石余,ほかに慶安元年・寛文4年・寛延4年・文政11年開発の新田があり,一円蔵入地,反別は田15町余・畑13町余,家数45・人数217,馬5「寛文覚書」に御預けの鳩があると記しているなお,この鳩の餌として大牧村から毎年籾米1斗を受けたという牧川井筋井組に属し,井筋は正保3年当村まで開発され,万治4年さらに寺内村以南を掘りひろげた明治11年両寺内村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357574
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ