ケータイ辞書JLogosロゴ 篠田村(近世)


愛知県>一宮町

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。慶長8年幕府領,天和元年志摩鳥羽藩領,享保11年再び幕府領,同17年からは旗本巨勢氏知行(一宮町誌)。村高は,慶長9年検地帳190石余,「寛永高附」191石余,「元禄郷帳」274石余,明和9年免状280石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに282石余。慶長9年検地帳では名請人49人,うち屋敷持31人。享保3年の村差出帳によると,田畑面積26町余,うち田8町余・畑18町余,家数91(本百姓72・水呑15・庄屋1・組頭1・寺2),人数527,馬26。本坂街道嵩山【すせ】宿の助郷村。採草地不足のため,貞享3年〜元禄2年にかけて本野が原・天王平の帰属をめぐり隣村との間で争論が起きた。里方に位置しているため,大木村や長山村に運上金を出して本宮山や西山で薪を採取。牛頭天王社・禅宗養命寺・浄土宗心想寺がある。明治年間に素焼きの土製品の「かわらけ」「ほうろく」などを生産。篠田付近の水田の下には良質の粘土が豊富にあり,往古より土器作りが行われたと考えられる。江戸期にも「三河国二葉松」に篠田土器造と記されているが,当村の村差出帳には土器作りの記載はみられない(一宮町誌)。明治22年桑富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7357594
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ