ケータイ辞書JLogosロゴ 大山寺村(近世)


愛知県>岩倉市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。はじめ尾張藩領,明治元年からは尾張藩と犬山藩の相給。小牧代官所支配。成瀬隼人正の給知で,一部新田は蔵入地。村高は,「寛文郷帳」338石余,「天保郷帳」352石余,「旧高旧領」386石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高364石余・反別30町余(田8町余・畑21町余),ほかに給人自分起新田1町余があり,家数40・人数211,馬10。村内を通る犬山街道の道作りに人足を出した。また清洲宿の加助郷に指定され,人足16・馬2が割り当てられていた(岩倉町史)。清洲への道法は2里。「徇行記」によれば,家数58・人数214,馬2,成瀬隼人正采地と見え,ほかに元禄7年縄入・高請の新田が高7石余・反別1町余,宝永4年縄入・高請の新田が高13石余・反別1町余がある。徳重村との境,幼川に生田橋が架かり,その架替えには当村をはじめ81か村が人足を出した。寛政4年の神名太一宮鳥瞰図によると,この生田橋の北側に神明太一社の一の鳥居が建立されている(神明太一社蔵文書)。神社に神明宮がある。明治22年豊秋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7358369
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ