ケータイ辞書JLogosロゴ 大地村(近世)


愛知県>岩倉市

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国丹羽郡のうち。はじめ尾張藩領,明治元年からは美濃今尾藩領。小牧代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに889石余,「旧高旧領」908石余。なお,慶長6年の松平忠吉朱印状には829石余とある(沢井家文書)。「寛文覚書」によれば,本田は概高984石余・反別73町余(田51町余・畑22町余),ほかに見取新田1町余があり,家数76・人数418,馬13。清洲宿の加助郷に指定され,人足40・馬4が割り当てられていた(岩倉町史)。清洲への道法は2里。「徇行記」によれば,家数102・人数390,竹腰山城守采地の村で,延宝8年縄入・高請の新田が高13石余・反別1町余ある。また村柄については,高に比べて戸数が少なく,労働力不足だが,土質は良いと見える。天保12年の村絵図には,村落中央に正起寺がある。浄土真宗の寺院で,「尾張志」は永正13年の創建と記す。神社は坂織大明神・神明・観音森が見える。明治6年川井・野寄・大山寺・曽野・岩倉羽根の各村と共立で,正起寺境内の学寮に憲道学校を開設したが,同10年坂折社東隣へ移転して大地学校と改称した。同11年の農産調査表によると,綿・白大豆・菜種・酸醤・葉藍などの商品作物が栽培されていた。同22年豊秋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7358386
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ