ケータイ辞書JLogosロゴ 高落村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ三河国碧海郡のうち,寛永末年〜寛文4年の間に幡豆【はず】郡に所属(岡崎市史)。岡崎藩領。堤通り手永に属す。村高は,慶長9年検地高,「寛永高附」ともに279石余,「元禄郷帳」311石余,明和2年456石余,うち改出新田142石余・竿延高3石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに456石余。明和2年に新田の石高増と面積の修正で145石余が増加した。村内北の字高河原は元禄14年頃開発され,高河原新田と称し,支村の時期もあった。明治元年には高河原新田20石余とある。矢作川の水害に苦しみ,江戸末期では嘉永3年,文久2年に高河原新田堤が決壊した。神明社が氏神で,堤通り手永の祭事である御田扇祭,通称扇さんが行われる。津島・稲荷両社もある。真宗東派順覚寺は天文18年には道場であった。明治22年川崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7358414
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ