ケータイ辞書JLogosロゴ 高薄村(近世)


愛知県>額田町

江戸期〜明治9年の村名三河国額田【ぬかた】郡のうち「高すすき」とも記す(参河志)また,高草村とも見えるが(八幡宮鰐口),高薄も高草もタカススキと称していたと考えられる(額田町史)乙川支流大高味川流域に位置する「三河国二葉松」に「高薄村,松平伝七」とある松平伝七親重は三方ケ原合戦で討死した字広見坂に高薄城址があるはじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領岡崎藩では東山中手永に属す村高は,「寛永高附」85石余,「元禄郷帳」86石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに114石余慶長9年検地によれば,田6町余,畑・屋敷1町余,名請人20文化14年東山中明細記では村高114石余のうち15石余が諸引となって88俵余の年貢を納め,また伐分竹7束を賦課され,家数25・人数107明治7年の戸数22・人口79(額田郡誌)八幡宮,山神社がある同9年大高味村の一部となる現在額田町大高味高薄の地
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7358458
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ