ケータイ辞書JLogosロゴ 滝尻村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。はじめ幕府領,寛永10年旗本戸田氏と旗本松平氏(赤松陣屋)の相給,戸田氏領は元禄元年同氏が大名となって大垣新田藩領となり幕末まで続くが,松平氏知行分は,寛永14年幕府領,慶安4年再び松平氏知行,宝暦2年幕府領,安永元年からは西大平藩領となる。村高は,「寛永高附」199石余,「元禄郷帳」205石余,「天保郷帳」219石余,「旧高旧領」221石余。享保10年赤坂宿助郷村となり,勤高199石。山続きの中金村の山に,毎年金1分の山手金を支払って入山した。明治初年の戸数23・人口127(豊富村誌)。寺社は,臨済宗玉泉寺,須佐之男神社。明治9年の職業調べには,専業農家18・茶業2・木挽2・炭焼1(同前)。明治10年頃滝尻用水が造られ,畑の田地化が進んだ。同22年高富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7358556
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ