ケータイ辞書JLogosロゴ 戸金村(近世)


愛知県>蒲郡市

江戸期〜明治9年の村名三河国宝飯【ほい】郡のうち三ケ根山東麓の山間に位置する北部は額田【ぬかた】郡,西部は幡豆【はず】郡と接する慶長6年旗本松平家信(形原松平氏)知行,元和4年同氏が大名となり形原藩領,同5年旗本松平庄右衛門清直知行(形原陣屋),延宝元年幕府領,同8年旗本松平内匠頭乗親知行(形原陣屋),正徳2年幕府領,享保元年旗本逸見義武(16石余),旗本筧正舗(38石余),旗本巨勢至信(30石余),幕府の4給地となり,幕府領は享保9年に旗本竹本正綱知行(254石余)となり,以後は旗本4給地村高は,慶長6年の高307石余,「寛永高附」307石余,「元禄郷帳」335石余,「天保郷帳」341石余,「旧高旧領」340石余元和6年に領主松平氏より除地を拝領した寺社は,2石が大宝殿・岩上明神・戸金秋葉明神,1石が曹洞宗補陀寺である天明4年東海道藤川宿の助郷村に指名された明治9年金平村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359079
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ