ケータイ辞書JLogosロゴ 長沢村(近世)


愛知県>音羽町

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。はじめ幕府領,天明2年に分郷し,上長沢・下長沢は旗本巨勢氏知行,中長沢は幕府領,翌3年上長沢・中長沢は旗本巨勢氏知行,下長沢は幕府領と改められ,その後下長沢は文久元年陸奥磐城平藩領,同3年幕府領,慶応元年旗本松平氏知行となる(宝飯郡誌)。村高は,「寛永高附」749石余,文化年間は上長沢・中長沢566石余(年貢免状),下長沢242石余(皆済目録),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに808石余。東海道赤坂宿の助郷村。綿作も盛んであった。猪・鹿などによる農産物の被害を防ぐための猪垣が現在でも残る。神社は,巓神社・赤石神社・八王子神社・児子社がある。寺院は浄土宗西山派立信寺・宝樹院・慶忠院・光用寺・洞泉寺・栄善寺,浄土真宗誓林寺,曹洞宗正寿院がある。明治6年赤坂郷学校長沢支学校設立。同12年頃よりクワの栽培を始め,養蚕が盛んになる。同22年市制町村制施行による長沢村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359368
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ