ケータイ辞書JLogosロゴ 長沢村(近代)


愛知県>音羽町

 明治22年〜昭和30年の宝飯郡の自治体名。大字は編成せず。明治24年の戸数251,男595・女549,学校1。同27年長沢消防組が公設消防組となる。同32年頃から農家の副業として養蚕が盛んになり,有志が蚕種製造を始める。明治中期より牛馬が農耕用に盛んに利用されるようになり,明治35年の馬47・牛4。大正7年長沢実業補習学校設立,同15年廃校。大正12年村農会設立,会員289。同15年愛知電気鉄道開通,昭和10年に名古屋電気鉄道と改称。同11年村有林88町余設定。同23年赤坂町長沢村組合立音羽中学校創立。同年巡査駐在所新設。同29年長沢保育所開設。世帯数・人口は,大正9年254・1,246,昭和25年312・1,674。同30年音羽町長沢となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359369
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ