ケータイ辞書JLogosロゴ 中水野村(近世)


愛知県>瀬戸市

 江戸期〜明治22年の村名。春日井郡のうち。尾張藩領。水野代官所支配。寛文2年当村から沓掛村が分村。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに408石余,「旧高旧領」417石余。「寛文覚書」によれば,概高398石余,反別は田25町余・畑4町余,松山113町余(下苅年貢納),松山44町(鹿山御留林),山方19町余,雨池3か所,井瀬木2か所,鹿垣土居1,100間,家数31・人数227,馬17。「徇行記」によれば,全村蔵入地,高398石余のうち証文引高1石余・前々引高144石余・2口年数引高2石余で残高249石余。家数59・人数306,馬7。天明元年当村の鳥林に水野代官所が置かれた。愛知郡・春日井郡・美濃国可児【かに】郡の各一部を支配し,天保5年には111か村,6万1,310石余(蔵入地2万9,260石余・給知3万953石余)を治めた(尾張藩家臣団の研究)。また,興譲館が設置され,藩士の子弟の教育が行われた。神社は,大明神・山ノ神・毘沙門(高倉社),ほかに「オシズカさま」や「高座さま」などがあった。寺院は,臨済宗定光寺・東光寺。定光寺は藩祖徳川義直の廟所であった。なお,「徇行記」は,「定光寺及御廟山共ニ沓掛村山内ニアリ,然ルニ張州府志ニハ定光寺在水野村トアル故ニ中水野村ニ属セリ」として当村に書き上げている。明治13年東春日井郡に所属。同22年水野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359552
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ