ケータイ辞書JLogosロゴ 西浦村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国宝飯【ほい】郡のうち。慶長6年旗本松平家信(形原松平氏)知行,元和4年同氏が大名となり形原藩領,同5年旗本松平庄右衛門清直知行(形原陣屋),延宝元年幕府領,同8年旗本松平内匠頭乗親知行(形原陣屋),正徳2年幕府領,享保3年旗本壺井氏知行,同9年からは旗本巨勢至信知行(形原陣屋)。村高は,慶長6年に545石余,寛永4年検地586石余,「寛永高附」545石余,「元禄郷帳」653石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに699石余。元和6年に領主松平氏より八王子権現は2石,真言宗の無量寺も2石の除地となったが,明治元年では八王子権現領は15石に,無量寺領は4石余に増加。寛永4年検地では田29町余,畑居屋敷21町余,名請人161人,うち居屋敷持105人,居屋敷数128軒(西浦村田方畑方之帳)。同6年から寛文3年までに10回の新切検地が実施され,新田畑は6町余で60石余となり,寛文4年には村高646石余となる。慶応2年御林山伐採による開発を命じられ,2町余を開発完了している(西浦区有文書)。田畑は海岸付地と山間といった地形的条件・水利条件の悪い地が多く,さらに潮害,猪,雉子などの被害が著しいこともあり,検見引が100石を超える年度も多かった(各年免状)。戸口は,享保9年163軒・891人,天明8年180軒・932人,天保9年266軒・1,251人,文久2年320軒・1,506人(蒲郡市誌)。寛永4年には4反余・高6石余の塩浜がある。天明8年の村明細帳によれば,船13隻があり,浜船高2石余が小物成として加わり,馬数15疋,農間稼は浜稼とあり,漁業・採藻・塩作りなどを行い,八王子・八幡宮・稲村明神の3社,浄土宗樹祥院光忠寺・覚性院,真言宗無量寺の3寺があった。享和3年東海道藤川宿の代助郷を命じられた。明治10年の船数は254隻で,50石以上が12隻あった。漁港は明柄・稲生の2港で,船主は118人,漁船は158隻(船明細調帳)。同年の反別は田40町・畑77町余・宅地17町余・山林原野59町余。同11年の戸数390・人口1,902(西浦区有文書)。同22年市制町村制施行による西浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359775
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ