ケータイ辞書JLogosロゴ 西牧山村(近世)


愛知県>蒲郡市

江戸期〜明治11年の村名三河国宝飯【ほい】郡のうち蒲郡【がまごおり】台地に位置する中世には西郡中村と称し,室町幕府奉公衆岩堀氏と関係した明暦4年牧山村が当村と東牧山村とに分かれたことにより成立はじめは牧山村西分,牧山村下方,本郷牧山村などと称し,江戸中期以降は西牧山村と呼ばれるようになるただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」では牧山村一村として記されるはじめ幕府領,元禄11年からは旗本一色直与知行村高は,文政11年の山論文書に373石余とあり,「旧高旧領」でも373石余明暦4年の家数41・人数240,馬11・牛4,浄土宗高雲庵・真牧庵,鍛冶薬師(真牧庵抱),堂ノ山薬師(高雲庵抱),若宮社,権現社がある(村明細帳)享保5年には64軒・248人(うち下男16・下女21)明治9年の地租改正作業で東牧山村との入作出作関係が複雑であったことから,同11年再び牧山村の一部となる現在の蒲郡市豊岡町の一部にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7359915
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ