ケータイ辞書JLogosロゴ 萩村(近世)


愛知県>音羽町

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。寛永年間には幕府領(寛永高附),宝永年間頃から(寛政譜では元禄11年のことと考えられる)鍋島氏知行,天明5年遠江相良藩領,同7年幕府領,享和3年〜慶応3年は陸奥磐城平藩領。享和3年村内は上組・下組に分かれる(音羽町誌)。村高は,「寛永高附」1,155石余,宝暦11年東海道三州赤坂宿助郷帳1,227石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,256石余。東海道赤坂宿の助郷村。ほとんどは農業に従事し,綿作も盛んであった。猪・鹿・猿などの侵入を防ぐため猪垣を構築したり,鉄砲所持の許可を受けたりして作物の被害の防止に努めた。上賀茂神社・下賀茂神社があり,かつては湯立ての神事も行われていた。ほかに日吉神社・熊野社・富士神社・神明社がある。寺院は曹洞宗竜源寺・広証寺・竜泉寺・耕雲寺・慈恩寺,臨済宗善住寺・永宗寺,真言宗松久寺がある。明治8年御油学校萩村分校設立。同18年の戸数256・人数1,069。同22年市制町村制施行による萩村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7360157
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ