ケータイ辞書JLogosロゴ 東大高(近代)


愛知県>武豊町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ富貴村,昭和29年からは武豊町の大字。米作を中心とした純農村であったが,明治初期に味噌・溜醸造業が興り武豊港の発展とともに栄え,最盛期の昭和初期には8軒の蔵元があり,名古屋方面へ出荷していた。また,明治中期頃から養蚕業が発達し,明治39年蚕糸組合を組織,同42年には職工20人の岡井製糸工場が設置された。昭和7年知多鉄道が開通し浦島駅開設。浦島伝説で知られる海岸は避暑地としてにぎわったが,同46年海岸を埋め立てて旭硝子愛知工場が進出した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7360466
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ