ケータイ辞書JLogosロゴ 東牧山村(近世)


愛知県>蒲郡市

江戸期〜明治11年の村名三河国宝飯【ほい】郡のうち御堂山・砥神山西麓の山間地に位置する明暦4年牧山村が当村と西牧山村とに分かれたことにより成立はじめは牧山村東分,牧山村上分,西郷領牧山村などと称し,江戸中期以降は東牧山村と呼ばれるようになるただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」では牧山村一村として記される旗本松平氏(西郡松平氏)知行村高は,元禄5年469石余,享保7年の再検地507石余,天保3年新切検地519石余,明治3年免状538石余,「旧高旧領」540石余明治3年免状によれば,反別は田19町余・畑27町余同9年の地租改正の作業の過程で西牧山村との出入作関係が複雑であったことから,同11年再び牧山村の一部となる現在の蒲郡【がまごおり】市豊岡町の一部にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7360539
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ