ケータイ辞書JLogosロゴ 平田村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。慶長6年深溝【ふこうず】藩領,同17年旗本松平清昌(西郡松平氏)知行,明暦元年同氏の分知家である旗本松平清吉知行,地頭急死で同年幕府領,宝永2年吉田藩領,安永3年遠江相良藩領,天明7年幕府領,天明8年からは吉田藩領。村高は,慶長6年松平忠利宛知行目録146石余,「寛永高附」134石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに137石余。慶安2年の検地高は173石余で,内訳は平田村農民分149石余,領主松平家小給人作分8石弱,同給人作分16石余であった(松平家文書)。しかし,宝永2年に吉田藩領に編入した際に家中の給人・小給人作地分は西郡領として残され,さらに12石余を減らした137石余が「吉田御領分村々高附」に記載されている(豊橋市史)。元禄7年東海道赤坂宿の助郷を命じられた。浄土宗薬師寺と姥子社がある。明治9年新井方村・蒲郡村と若干の土地交換が行われた(地引帳)。同12年和製綿紡器の操業を開始。同13年の戸数58・人口252,同15年の戸数58・世帯数70,職業別世帯数は本業が農業57,兼業では木挽4,大工3,白木屋2,酒造1,水車2,質屋1,同年の反別は田11町余,畑宅地13町余,山林原野3町余(戸長役場記録)。同22年豊岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7360681
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ