ケータイ辞書JLogosロゴ 宮地駅(古代)


愛知県>音羽町

奈良期に見える駅名三河国宝飯【ほい】郡のうち静岡県の伊場遺跡出土木簡に「⊐美濃関向京於佐々□□〈□□□□,浜津郷人〉」「⊐駅家,宮地駅家 山豆奈駅家 鳥取駅家」と記され,この木簡は奈良期のものとされる(伊場木簡)「延喜式」兵部省諸国駅伝馬条によれば山豆名駅は額田【ぬかた】郡,鳥取駅は碧海郡の駅名であり,この木簡は東海道沿いに京へ向かう三河国の駅家を順次記していることになる宮地駅家の前の「⊐駅家」は渡津駅家と推定される宮地駅家は宮道郷内にあったと考えてよい当駅は「延喜式」兵部省諸国駅伝馬条には見えない山綱・宮地・渡津3駅の間隔がかなり接近していることから廃止されたものであろう「和名抄」の宮道郷は音羽町赤坂・長沢とする説が多く,当駅もこの付近と思われる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7361613
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ