ケータイ辞書JLogosロゴ 諸輪村(近世)


愛知県>東郷町

 江戸期〜明治22年の村名。愛知郡のうち。諸和村とも書く(寛文郷帳)。尾張藩領。水野代官所支配。渡辺半蔵が尾張に新たに5,000石給せられた時,和合村と同様にその采地となる。村高は,「寛文郷帳」1,050石余,「天保郷帳」1,143石余,「旧高旧領」1,172石余。「寛文覚書」によれば,概高合計1,064石余,反別90町余(田81町余・畑8町余),新田3石余,反別5反余,家数71・人数589,馬37。「徇行記」によると,戸数176・人数697,馬11,村立は大体よろしいとある。寺は曹洞宗清安寺,浄土宗観音寺,天台宗長栄寺(明治初年に廃寺),神社は明神・権現・八王子の3社があった。明治12年頃の農産物として米・麦・大豆などがあげられ,特有物産として生綿・葉煙草がある。明治6年明義学校が清安寺に創設されたが,同8年頃に中絶。同10年空家を仮校舎として諸輪学校を再開。同22年諸和村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7361839
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ