ケータイ辞書JLogosロゴ 山口村(近世)


愛知県>瀬戸市

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国愛知郡のうち。尾張藩領。水野代官所支配。村高は,「寛文郷帳」1,097石余,「天保郷帳」1,104石余,「旧高旧領」915石余。「寛文覚書」によれば,概高863石余,反別は,田72町余・畑13町余,松山580町,栗御留林30町,松・櫟御留林80町,雨池に念仏塚池・とひかね池・穴虫池,吉利支丹制札があり,家数52・人数435,馬33。「徇行記」によれば,給知は735石余で林藤四郎ら給人17,蔵入地127石余,うち定引高2石余・10口年数引高47石余で残高77石余,ほかに享保14年縄入の新田6石余,家数228・人数1,025,馬25。明和4年の猿投山決壊の後洪水で砂入地が増加,農間余業に薪をとり名古屋へ売り出し,瀬戸焼二番ものを知多郡周辺へ売り出した。弘化4年の村絵図には給知・蔵入地が入り組み,三州八草道・菱野村道,八割坂雨池など7か所の雨池などが見える。神社は,八幡(式内社山口神社)・神明・多度権現・富士浅間・八剣宮・山之神4。寺院は真宗高田派本泉寺,ほかに薬師堂・観音堂があった。明治22年市制町村制施行による山口村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362013
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ